意外にメイクオフ時に一番オススメ、資生堂「ビューティーアップコットン」


コットンなんて何でもいいでしょ!と思ってスキンケアしていましたが、いい化粧水を使えば使うほどコットンにこだわらないと化粧水がもったいないことがわかってきました。私は、鼻周辺は特にパッティングをするようにしているので、コットンが毛羽立ちやすいんですね。それが嫌で、使い出したのが、資生堂「ビューティーアップコットン」

4-006

さっらとしていて厚手で、使いやすいです。できることならコットンにはそれほどお金はかけたくない人は多いのではないでしょうか。私もそうですが、コットンも使い分けをするといいと思います。

バシバシとパッティングをしなければ「シルコット」などのコットンでも毛羽立たないので私は問題ありません。化粧水を浸して顔に乗っけておくだけなんて時には、「シルコット」十分です。

意外に私は化粧を落すときには、「ビューティーアップコットン」を使います。化粧水のスキンケアのときよりメイクオフのときは肌に刺激を与えているからです。なるべくそっと、とはいえこすらないとメイクは落ちないものです。しかも、洗顔しないときはかなり面倒くさい気分のときなので、なるべく刺激を与えず丁寧に、というときこそレベルの高いコットンがオススメですよ。


2014年4月13日 意外にメイクオフ時に一番オススメ、資生堂「ビューティーアップコットン」 はコメントを受け付けていません。 メイク 美容