ツメのケアも怠らない!「BURTS BEES」ハンドクリームでキレイな手を!

女性のほとんどはネイルをしていると思いますが、私はネイルはしたことがありません。嫌いというわけでもないのですが、小さい頃から手のケアができずに冬がカサカサ、ツメが割れるという状態でした。肌は強いのでアカギレなどはありませんが、そんな手でネイルなんてめっそうもない・・・というのが私の意見で、私はとにかくナチュラルなキレイな手にただなれたらなぁというレベルなのです。

4-010

ハンドクリームも何種類か使っているのですが、ツメ用ケアとして使っているのがオーガニックコスメ「BURTS BEES」のハンドクリームです。結構固めなので少しとってツメに塗るを毎日繰り返しています。これを忘れるとすぐに割れやすいツメになってしまいます。指先のささくれや、そういう症状がとても多いので、これでケアするようになってから落ち着きました。

女性の手は結構見られているといいますが、私はネイルもしていないので素手で勝負するしかない上に、あまりキレイでないという最悪な状態でした。薄くちょっとした合間に塗るようにして継続してきたら、だいぶ手元がかわりました。これからもナチュラルな素手に磨きをかけて行きます。

美容

滑るようにキレイに引けるアイライナー「ブロウラッシュEX」

メイクで一番難しいと思う部分はアイライナーです。際を上手に描くのは、いつになってもうまくいきません。私は濃いメイクをあまりしないので、アイライナーもできるだけ際を細く引くのが理想。さらに目尻を軽く跳ねるのがいい。これを何年やってもうまくいきませんでした。

この「ブロウラッシュEXウォーターストロング」誰でも上手に描けるというのがウリだったりします。手ぶれしないんですね。さらに、長時間もつので夕方に目尻のハネが消えていることもありません。

4-009

すごく絶品というわけではありませんが、確かに今まで使っていたものよりも使いやすいかもしれません。私はブラウンしか使わないので、ブラウンも売られているのが嬉しいところ。(ブラックしかなかったりすることもあります。。)値段もそれほど高くないので、試しに買って、イマイチだったらプライベート用に使えばいいやと思って購入しました。伸びがよいのでキレイに描けます。細いライン、太いラインを使い分けることができる仕組みなので、滑るような筆なのでしょうが、意外に使い分けは難しいです。使いやすいですが、やっぱりアイライナーの達人にはほど遠いですね。

重曹で自宅エステ!体の角質をとってすべずべ肌へ

気がつくと体に黒ずんでいる箇所があったりしますね。下着があたったり、デスクワークで毎日圧迫を与えていたりする箇所です。この黒ずみはエステで直すしかないと思っていましたが、もっと身近な材料で効果が上がることを発見しました。

4-008

それは「重曹」です。ドラッグストアでもスーパーでもどこでも売っています。一番簡単なのはこれに水を混ぜて気になる箇所にパックという方法ですが、レモン汁やハチミツを混ぜてより保湿やビタミン効果を増すこともできます。

面倒くさがりの私はとにかく試して効果があれば・・・ということで、重曹大さじ1+水大さじ1の割合でペースト状をつくり、さっそく気になる部分に塗りました。お尻の黒ずみが消えた!という口コミが多いので、私もその部分へ。乾燥して固まってきたら拭き取るのですが、すべすべになります。ザラッとしていたのが、重曹と水の発砲作用によって角質をはがしてくれるという効果があるようです。刺激が強いので使う場所によっては、ある定時時間をあけて行わないといけません。

顔パックも効果があるようなのですが、これは毎日やるのは刺激が強すぎです。角質が取れるのでピーリング効果があるのですが、必ず保湿をしっかりしないとヒリヒリして大変なことになります。自宅エステは意外に楽しいですよ。

美容

素敵な香りに包まれて朝からテンションをあげるカネボウのボディパウダー

カネボウ「ボディフレッシュパウダーミラノコレクション2013」を誕生日プレゼントにもらったのですが、体にパウダーをつける習慣がなく少し放置されていました。ただ、これいいお値段するものでした。パウダーの香りは2013年の香水で、ケースがかなりかわいい。使うのがもったいないくらいの、女子度が上がるケースです。

4-007

このパウダーを私は思い切ってに使ってみました。全然キレイに仕上がります。最初はおそつおそるでしたが、口コミでも好評なだけあって、顔にもいけます。私はそれほど敏感肌でもないからかもしれませんが・・・。

習慣がなかったけれどメイク時に首とかデコルテとか日焼け止めを塗る季節になってきたので、最近は使う範囲を広げてみてます。洋服につくのが気になってボディに使うのを躊躇していたのですが、いい香りに包まれて朝からテンションが上がってしまいますね

フェイス専用も販売されているのですが、ボディタイプなら贈り物には確かにいいかもしれません。パッケージも最高だし(インテリアとしても実はすごくいいなぁと思っているくらい!)、自分であまり購入しないものだし、喜ばれること間違いなしですね。

軽く、ナチュラルな仕上がりなら資生堂マキアージュ「フィニッシュパウダー」

リキッドファンデを塗るくらいしっかりメイクのときもあれば、化粧下地に仕上げパウダーだけの軽いメイクのときもあります。でも、この軽い仕上がりのときは本当にいいパウダーに出会わないといけません。オススメなのは資生堂マキアージュシリーズのフィニッシュパウダーです。購入当初は、いつも売切れですごくがっかりした記憶があります。それ程厚付きさせないように塗って、程よく肌に馴染んでサラッとキレイな肌質になります。

4-003

これだけだと実際はシミは隠せません。ただ、そんなナチュラルな感じもいいかなぁと思うときもあります。会社に行かないときはわりと肌を自由にさせてあげるようにしています。

マキアージュからは新作で化粧ヨレの少ない化粧下地クリームが出たので、今のが切れたら試してみたいものの一つです。春のメイクCMってすごくわくわくするので、満島ひかりさんが出てるこのクリームのCMも好きです。働く女性の味方の化粧品がいっぱいあって嬉しいこの頃です。

しっかりメイクのときは頼れるIPSAのリキッドファンデーション

化粧品はシーズンごとに新しいものが出るけれど、シーズンごとにすべてを買い替えている人はセレブみたいな人だと思います。普通の人は、色物と夏はわかりませんが飽きるまで同じものを使用しているのではないでしょうか。私は化粧品を使い切ったことがなく、飽きたら買い替えるを繰り返してきました。だからといって、すごく頻繁に買い替えているわけではありませんが・・・。同じものをリピートすることもありますが、IPSAのリキッドファンデーションは、化粧崩れが少ないので気に入っていて、リピートするものの一つです。ただ、リキッドにするかパウダータイプにするかはその日の肌の様子で決めるので、ファンデーションの減りが少ないのも事実です。リキッドの方がしっかり塗れるのですが…厚くなってしまって肌が呼吸困難になっているような気もします。

4-004

けれど夕方から出かけるときや、昼間だけの用事の時は短時間だけしっかりしていればいいので、リキッドの出番です。リキッドの方がシミを隠してくれるので、コンシーラーいらずです。自分の肌がわかって使い分けられるようになったけれども、20代の頃はそんな悩みもなかったのになぁと実感してしまう日々です。。

小ぶりなので目元、小鼻脇もきれいにムラなく、資生堂のファンデーションブラシ

オススメのファンデーションブラシをもう1本。資生堂のファンデーションブラシです。エスプリークのものより若干小ぶりで、私はこれを仕上げのパウダー用に使用しています。パウダーをのせてくるくると回していくと、目元や小鼻の脇もムラなく塗れるのが嬉しいです。パフだと塗ってる途中でよれてしまったり、だまになってしまう部分が出てくることがあります。ブラシだと薄つきを何度か繰り返すことができるので、厚くもならずほどよいところで調整できます。

4-001

私はファンデーションを持ち歩かず、化粧直しはパウダーのみです。だから、持ち運びにはこの小ぶりなブラシは最適で役立っています。私もこのブラシを口コミのすごさから試してみたのですが、確かにブラシなしでメイクはもうできません。エスプリークのものにしても、毛質がいいのでしょうね。肌にキレイにのってくれます。ファンでの仕上がりがいいと、アイシャドウやチークもスムーズにのるんですよ

チークもきっと専用ブラシで塗ったらキレイになるんだろうなぁと思っているけれど、まだ挑戦できていません。

メイク仕上がりが見違える、エスプリークのファンデーションブラシ

毛穴レスの肌になるには、毛穴をきちんと隠してくれる化粧下地と細かい粒子のパウダーとファンデーションブラシが大事と言われています。もちろん、これだけでは駄目で保湿とか基本的なスキンケアはあってのことなのですが、ファンデーションブラシの威力を初めて知って2本目、3本目と購入しているのは、このエスプリークのファンデーションブラシです。リキッドタイプにもパウダータイプにも使える優れものです。

4-002

私はリキッドファンデーションを使うときはリキッド用のスポンジを使用していて、毎回交換するくらいキレイなスポンジを使っていたのですが、このブラシを使ったとき、今まで何をしていたのかと思うくらい、ファンデーションのつきのよさ、伸びのよさでびっくりしました。

今までは化粧品そのものだけにこだわってきましたが、ブラシや油とり紙やコットンなんかでメイクの仕上がりが全然違うことを発見しました。このブラシは1本2000円くらいでした。2000円で仕上がりを変えられるなら、もっと早く出会いたかったなぁ。

意外にメイクオフ時に一番オススメ、資生堂「ビューティーアップコットン」

コットンなんて何でもいいでしょ!と思ってスキンケアしていましたが、いい化粧水を使えば使うほどコットンにこだわらないと化粧水がもったいないことがわかってきました。私は、鼻周辺は特にパッティングをするようにしているので、コットンが毛羽立ちやすいんですね。それが嫌で、使い出したのが、資生堂「ビューティーアップコットン」

4-006

さっらとしていて厚手で、使いやすいです。できることならコットンにはそれほどお金はかけたくない人は多いのではないでしょうか。私もそうですが、コットンも使い分けをするといいと思います。

バシバシとパッティングをしなければ「シルコット」などのコットンでも毛羽立たないので私は問題ありません。化粧水を浸して顔に乗っけておくだけなんて時には、「シルコット」十分です。

意外に私は化粧を落すときには、「ビューティーアップコットン」を使います。化粧水のスキンケアのときよりメイクオフのときは肌に刺激を与えているからです。なるべくそっと、とはいえこすらないとメイクは落ちないものです。しかも、洗顔しないときはかなり面倒くさい気分のときなので、なるべく刺激を与えず丁寧に、というときこそレベルの高いコットンがオススメですよ。

敏感肌のエイジング対策スキンケア 資生堂「dプログラム」

CMの影響を受けて購入するスキンケア用品って結構あります。この資生堂dプログラムもそう。毎日頑張ってるのに、ちょっと物足りない・・・そんな女性のスキンケア用品ですね。基本的には敏感肌用らしいのですが、エイジングケアシリーズもあったので思わず購入してしまいました。

4-005

肌質によって4種類くらいあるのですが、私は乾燥によるエイジング対策の紫色のタイプを使用してみました。サラッとしていて伸びがいいので、どんどんつけたくなってしまいます。私は、小鼻の脇の肌がいつも気になるので普通よりたくさんつけて保湿をしっかりするのですが、さっぱり気持ちいいのでついつい多く使用してしまいすぐ使い切ってしまいました。

気持ちのいい化粧水なのですが、お値段は結構します。エイジング対策は興味がすごくあるけれど、敏感肌でもないので、この時期は乗り越えられそうなのですが、意外に夏の乾燥に私の肌はやられるので、夏にまた使ってみようかと思っています。

美容